So-net無料ブログ作成

ナスカへ!(豪華バスの旅) [南米旅行(ペルー&ボリビア)]

DSC01589.jpg
振り返ってみると、一番豪華なバス旅になった最初のバス移動。
リマからナスカまで7時間。
クルス・デル・ソルというバス会社のバスで、しかもVIP席!
このバスなら、バス旅行なんていやーんって人も大丈夫だと思います。
すっごい広いし、柔らかいし、貸してくれるブランケットもよいし!
写真はバスで出たご飯。
ご飯も出るし、お手洗いもついているので、休憩とかはなしです。
この写真以外、バスの写真は撮ってなかったです。

P1010976.jpg
と思ったら、ツレはきちんと撮ってました。
立派です☆ 輝いてます☆

もうあまり覚えていないんですが、
窓の外の景色で印象的だったのが「KEIKO」の赤い文字。
最初、なんのメーカーかと思ったのですが、
ケイコ・フジモリ氏のことでした。
リマあたりが彼女の地盤なのかな?
ほかでは見かけなかった気がします。

DSC01599.jpg
リマ〜ナスカ間でバスが止まった都市はひとつだけ。
「地球の歩き方」に載っていなかったのでよくわからないんですけど、
海辺のリゾートっぽいところでした。
ピスコってところかなぁ?
これは、そこで見かけたサンドバギー(?)。すっけすけです。

クルス・デル・ソルのVIP席は、ビンゴゲームもありました。
景品はペルーのワイン。
1列そろうだけじゃダメで、全部が開くまで勝負!というもの。
日本語圏の乗客2人と英語圏の乗客2人の計4人で争われましたが、
ごめんなさい、スペイン語の数字はほんっとわからない><
最終的には、
乗務員、数字を選ぶ

数字を英語圏の乗客に見せる

英語での読みを教わる

乗務員、たどたどしい英語で読み上げる

日本語圏の乗客、聞き直す

英語圏の乗客、キレイな発音で答えてくれる

この繰り返しで、けっこうな時間つぶしになりました。
全部開けなので、リーチかかってからがむちゃくちゃ長かったです。
結局、2人が同時にビンゴになってくじ引き。
私はビンゴすらならず、ツレもくじではずしました。
「唯一のセニョリータ」ということで、くじ引いたの私ですけど>< ごめん。

DSC01606.jpg
ナスカに着いたらもうすっかり夜でした。
ホテルの近くのレストランで、夜ごはん。
日本人担当の、日本語のできるペルーのおじさんがいました。

P1010987.jpg
食べたお料理。ツレの写真です。
奥でワンダが転がってます(笑)。
nice!(11)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 11

コメント 6

HAL

宇宙っぽい高級なバスの中で、唯一のセニョリータはお弁当にカエルを座らせて夢中で撮影。。。だったんですね(笑)

てゆうか...ワンダはマネージャー的な存在か?ww
by HAL (2009-11-09 00:54) 

sana

おお~立派なバスですね!
こんな立派じゃなかったけど~イタリアでバスに乗って移動したのを思い出しました。
電車はアクシデントが多いので、団体旅行はバスがいいらしかった…

ワンダ、かわいい~☆
唯一のセニョリータの守り神?
食卓、似合いますね♪
by sana (2009-11-09 15:36) 

アズ

乗り心地がよければ、バス旅行も快適ですよね。
バス、車体の色は地味なのに、イラストがカラフルなのがなんか
可愛いです♪
すっけすけのサンドバギーが妙にツボにハマってしまい、
ちょっと吹いてしまいました(笑)
ワンダがだんだんガイドさんに見えてきます☆
by アズ (2009-11-09 21:04) 

シンシア

2階建バスなのかな?? 窓が上、下って2枚に見えます。
普段、バスって乗らないので(都バス除く)
ゴージャスさがあまりイメージできず、はとバスのリッチっぽいヤツ?
くらいにしか、発想出来なかった(苦笑)
旅のお供にワンダって最強ですね!(≧ω≦)b
by シンシア (2009-11-09 21:43) 

さみー

いくらお手洗いがついていても休憩なしでバスに乗り続けるってキツクないですか??
思わずシェムリアップからバンコクまで車で移動したことを思い出しました。降りてもゆれてるーー感じ。
南米ではバスでの移動が一番の手段なのでしょうか。
ワンダの転がり具合がサイコーですね。
by さみー (2009-11-09 22:20) 

砂糖子

>HALさん
ワンダはどこにいても絵になりますからねー☆
たぶん、ワンダじゃなくて私がマネージャーですね。
だって移動宿泊、すべて私が面倒見てますから(笑)。

>sanaさん
列車の旅の方が好きなんですけど、
このバスは今までになく快適でした。
団体旅行だと、まとめて乗れて全員を見渡せるから、
バスの方が安心かもしれないですね。
ワンダ、かわいいですよ♪
本当にいつも一緒でした。

>アズさん
本当に、乗心地さえよければ、バスは快適です☆
バス、高級感を演出したいけど、
ラテンの血はおさえられないのーってとこでしょうか(笑)。
すっけすけのサンドバギー、笑えますよね?
これ、絶対砂まみれになりますよ(笑)。
ワンダは、本当にガイドさんかもしれません。
ありとあらゆるところに行きました☆

>シンシアさん
そうです、2階建てのバスで、
1階がVIP席、2階が普通席です。
私ははとバスに乗ったことがないので比べられないですが、
VIP席の方は、社長室の椅子!みたいな椅子でした(笑)。
普通に寝返りうてそうな感じで寝られます。
アジアの安ホテルより、よっぽどいいベッドかも(笑)。
ワンダは、本当に最強でした。
今度どこかに行くときがあっても、絶対連れて行きます!

>さみーさん
でも、7時間ぽっちでしたし、
1回停車駅(?)で止まったときに降りられたし、
そんなにきついとは感じないですみました。
私もタイで長時間バスに乗りました。
異様にスピード出すのが怖かったです。
あと、クーラーが寒すぎたバスやら、
クーラーが壊れて暑くて車掌がキレたバスやら
(これは途中の山道で修理が始まった)、
いやぁ、思い返してもこのバス、
今まで生きていた中で最高のバスだったかも(笑)。
ペルー&ボリビアは鉄道がいまひとつなんですよね。
鉄道はどんどん廃れていってるのかも。
なぜかはわからないですけど。
ワンダったら、転がってもキュートなんです☆☆

>thisisajinさん、ほりけんさん、xml_xslさん
 nice!をありがとうございます♪
ぱちっとしてくださった方 ありがとうございます☆
by 砂糖子 (2009-11-09 22:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0