So-net無料ブログ作成

マリアちゃんの島(アマンタニ島) [南米旅行(ペルー&ボリビア)]

P1020447.jpg
ウロス島からさらにボートで3時間くらい。
まさにチチカカ湖っぽいというか、
編み物いっぱいの島がアマンタニ島です。
近くにタキーレ島というのもあって、
一般的にはタキーレ島の方が有名だと思いますが、
ツアーで民宿に宿泊できるのが、アマンタニ島の魅力。
こちらはウロス島とは違って、ちゃんと地面のある島です。

P1020474.jpg
ツアーのお客さんたちと上陸したあと、
それぞれ民宿のおかあさんたちに紹介されて、坂道を各おうちへ。
私たちは、ちょうど一人で参加していた、
日本人の男の子と3人組になりました。

続きははっきり言って長いです。
そして、ドールとか関係ないです。
DSC01879.jpg
宿のお部屋から見た中庭。
やっぱりちょっとスペイン風の2階建てのかわいい建物でした。
すてきな建物ですけど、電気と水道はありませんでした☆
顔洗うのも、歯を磨くのも、持参のアグアです。
このツアーに参加するなら、
たっぷりめのお水と懐中電灯は必携です。

DSC01883.jpg
宿に着いたら、お昼ごはん。
ものすごーーーく素朴で、そしてものすごーーーくおいしかったです☆
メニューはよくわからないけど、
おいものスープ、おいものなにか、おいもを茹でたもの…みたいな感じ。

P1020466.jpg
大きなかまどがあるキッチンでいただきました。
アマンタニ島の女性もチョリータさんスタイル。
お料理もこのお洋服でするって、すごい気がしませんか?
割烹着みたいなのとか、たすきみたなのとかもないんですよ。

P1020473.jpg
食後はそのへんで採れるハーブのお茶。
スーパーフレッシュハーブティーです。
「むーちゃ」とか「むーにゃ」とかいうらしい。たぶん。
煎れ方がわからなくて、ジェスチャーで聞きました。
聞くたび、おばあさん、お母さん、娘さんの三世代の女性が、
そろって「シ!」って首をふってくれたのがかわいかった☆

P1020506.jpg
アマンタニ島のチョリータさんたちは働き者。
私たちをあちこちに案内してくれるときも、
糸を紡ぎながら。

P1020479.jpg
ボコボコ穴が開いていたり、
すごーく道はわるいんですけど、ときどき絵なんかもある。
ずーっと足元を見ながら歩くので、絵があるといいかな(笑)。

DSC01920.jpg
湖で洗濯中のチョリータさん。
洗濯物がカラフル!!

DSC01916.jpg
アマンタニ島のチョリータさんは、
帽子ではなくてショールをかぶっています。
色は黒だけ。キレイな刺繍も施されてるんですよ。
全然見えないと思いますけど><

DSC01884.jpg
島でもやっぱり、こういう広場があるんですよね。
昼食のために、それぞれの宿に散ったツアー客がここに集まって、
これからサンセットを見るために登山です。
高山病の頭痛で倒れそうだったんですけど、
高山病って寝ていても直らないし、行けるところまで行ってみることに。

DSC01889.jpg
登山道の途中にあったゲート。
一応、ワンダも写ってるんですよー。

DSC01890.jpg
富士山より余裕で標高高いんです。

DSC01887.jpg
高山病に苦しみながらもずいぶん登ってきたんですけど…。
まだまだ頂上は遠いです。

DSC01886.jpg
このあたりでリタイアを決めました。
3分の2くらいは登ったのかな?
ワンダ写ってます。ワンダと一緒にがんばりました。

DSC01891.jpg
豆粒のように見えるのは、ちゃんと頂上まで行った人たち。
遠いよ−! ムリだよー!

DSC01893.jpg
中途半端な位置から見た夕焼け。
チチカカ湖に太陽が沈んでいきます。

DSC01906.jpg
夜は集会所みたいなところで、ダンスです。
恐ろしいくらいに砂埃の舞い散る中、
民族衣装を借りて、みんなで踊ります。
写真は、同宿になった日本人の男の子とママ。

DSC01911.jpg
高山病で死ぬほどつらかったんですけど、
チョリータさんスタイルがどうしてもしたかったから、
私も少しだけ参加しました。
チョリータさんスカートに、白いジャケット、黒いショール。
ショールとジャケットは刺繍がすごいの!
みんな自分の服には自分で刺繍するそうです。

P1020499.jpg
彼女がマリアちゃん。
私たちが泊まった宿の娘さん。本当にかわいい女の子でした。
nice!(9)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 9

コメント 5

sana

おお~きれいな風景ですね。
いいお天気そう…
石の積み上がってるのも好きです。
すっごい刺繍~!民族衣装って大好きです☆
この刺繍でお料理?しちゃうんだ~~。
自慢で常に見せたいのかな??
by sana (2010-04-19 00:05) 

HAL

高山病はつらそうだけど、楽しそうだなー
道の絵は暴れ馬??
石のゲートは土台は今にも崩れそうなのに、アーチ部分はしっかり密着した不思議な工法だ☆

お芋のスープはパラオのタロ芋スープに見た目が似てる感じ。
芋料理って、どこの国に行っても地域性がありますね^^
by HAL (2010-04-19 02:21) 

Bootz

高山病も、大変そうですけど、
ボートに3時間ってのも、かなりきつそうですね。
by Bootz (2010-04-19 16:11) 

豆momoko

ごぶさたしています。
洗濯も川で自分でするなんて、桃太郎の世界ですね。
刺繍は、自分のと人のを区別する意味もあるのかな?
食事の写真をみたらお腹がすいてきました。^^
by 豆momoko (2010-04-20 08:57) 

砂糖子

>sanaさん
あー、本当だ、いいお天気だったんですねー。
なんだかあのときは、
本当に高山病&登山で泣きそうでしたから(笑)。
刺繍すてきでしょう☆☆
やっぱり、私はこんなにすごいのができるのよって、
いつでもアピールしているのかも。
でも、ぱっと見、みなさん同じようにすっごい上手です(笑)。

>HALさん
高山病がしっかり予防できれば、
すごーく楽しかったんじゃないかって思います。
アーチ、そういえば不思議ですねー。
インカの石積み文化はすごかったみたいですけど、
スペインが来て失われてしまって以来は、
割とざっくばらんに積まれてるみたいです(笑)。
タロ芋は食べたことないんですけど、
語感ではトロミがありそうなイメージ。
このスープはさらっとしてました。おいしかったです!

>Bootzさん
ボート3時間くらい、メじゃないですよ(笑)。
バスに7時間でも短いなーとかって感じでしたから!
観光旅行ってどうしても移動、移動になってしまうので、
いろいろ慣れてしまいました。
でもけっこう、寝た気がします。

>豆momokoさん
お久しぶりですー☆ お元気ですか?
水道がないですからねー。
全部チチカカ湖の水でまかなってるんだと思います。
そういうのも、スペイン語ができたら聞けるんですけど。
刺繍は確かに、そういう意味もあるかもですね。
基本デザインはみんな一緒だし…。
各家庭の模様とかもありそうですよね☆

>Aさん
チョリータさんは本当にオシャレです☆
決まった格好なんですけど、
いろんな個性の出し方があって…。

>Hさん
ご心配おかけしちゃって☆
でも、体調不良とかでは全然ありませんー。
ひたすら忙しくって><
Hさんはいろいろと大変だったんですね。
お体に気をつけて!
あとでブログにも遊びに行きますー!

>xml_xslさん、ほりけんさん、yannさん、SORIさん
 nice!をありがとうございました!
ぱちっとしてくださった方 ありがとうございました☆
by 砂糖子 (2010-04-28 23:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0