So-net無料ブログ作成

A La Volonte du Peuple [そのほかのお人形など]

DSC04355.jpg

遅ればせながら、映画バージョンのレ・ミゼラブルを見ました。
昔は受け付けなかったミュージカル映画ですけど、今はもう大丈夫。
大人になったなぁ(笑)。

舞台の方は、21世紀になるかならないかのころ、1度だけ観ました。
そのころ、日本的に有名なレミゼファンの方と縁があって半強制的に…。
彼女がジャン・バルジャンかジャベールか、
どちらかの俳優の大ファンだったので、
彼ら二人の関係性について「あれはもう、恋なのよ!」と熱く語られ、
今でも覚えているのは、ジャベールの自殺のシーンくらいなのですが。
それまでミュージカルなんて全く興味がなかったのですが、
歌、特にコーラスのパワーには圧倒されて、
しみじみ、ミュージカルはいいものだと思ったのでした。

DSC04360.jpg
レ・ミゼラブルのモデルは、
リトルコゼットみたいなナノハルちゃんしかいないですねー。
続きはもうちょっと、レ・ミゼラブルの感想を。

今回、映画版を観て、やっぱり歌はいいなーとしみじみ思った次第です。
さっそくリピートしてしまったんですけど、
2回目で思ったのは、どうしてフランス語じゃないんだろうってこと。
最初は英語わかりやすいーって思っていたんですけど、
絶対、フランス語の方がなじむ、はず!
日本語じゃなくて、どうせわからないなら、
英語じゃなくてフランス語の響きの方が、
あの雰囲気と衣装、音楽、すべてに合ってるんじゃないかと思うんですけど。
まぁ、英語の方がわかる人多いですもんね、仕方ないのかな。
(この間観た「アマデウス」も、
 劇中でイタリア語かドイツ語かもめにもめてるけど、
 実は全部英語じゃんという不思議さがありましたw)
別に英語がどうこうってわけじゃないんです。
「第九」はやっぱりドイツ語がいいし、
「威風堂々」は英語がいいのと同じ感じ。

最初に観たときは、
「夢やぶれて」や「オン・マイ・オウン」いいなーと思いましたが、
最終的にこれがいい!と思ったのは「民衆の歌」と「castle on a cloud」。
内容なんてわからなくても、がんがんと胸に響くコーラスと、
つぶやくような響きの悲しい曲と。
「民衆の歌」、これ絶対フランス語バージョンがよいと思います。

今回のブログタイトルは、
「民衆の歌=Do you hear the people sing」のフランス語タイトル。
フランス語バージョンの舞台があったら見に行きたいけど、
日本でやることってあるのかな…。

nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 5

HAL

ポスターの「あの絵」のイメージですね!!

私もあの映画ではじめてミュージカル映画がすごいなって感じました。

冷静になれば、、、
なんでそんなに意地悪なんだー
なんで、そこで死ぬ!
なんで、そこで逃げない!!

、、、そんな突っ込みたい気分を「歌」の力で押し消しちゃうみたいな(笑)
昔は映画の中で歌うとかありえないと思ってたんだけどなぁ~ww

by HAL (2013-10-25 03:12) 

砂糖子

>HALさん
そうですー!
わかってくださってありがとう(笑)。
展開早いですよね、レミゼ。
でもやっぱり、歌の力はすごいなーと
思い知らされる感じです。
なんで、年取るとミュージカル大丈夫になるんですかね(笑)。

>sanaさん、KOEELE_tokkyさん、Chiffonさん
 nice!をありがとうございます☆☆
by 砂糖子 (2013-10-25 23:57) 

sana

ナノハルちゃん、綺麗ですね~哀しげで、りりしくて☆
ポスターのイメージなのね。
レミゼはハリウッド映画だし~もとがロンドンのミュージカルでしょ?
フランス語のほうが原作に近いものは出来るでしょうけど‥
フランス語で歌える大スターって、いないんじゃ‥
このミュージカルの曲、良いですよ!
舞台は私も一度だけ見ました。
岩波文庫で原作を読みました~珍しい人間かも^^;

by sana (2013-10-26 00:37) 

sana

あ、ごめんなさい、フランス語の素晴らしい歌が入ってるのに。
この歌詞、英語版では意味が軽くなってるんですよ。
政治色を薄くしてるというのか‥
人を感動させるのは‥ 歌う人の個性にもよることでしょうけどね。
英語圏の人は字幕の映画をあまり見ないという事情はあるだろうと思います。重ねて失礼いたしました~。
by sana (2013-10-26 18:53) 

砂糖子

>sanaさん
レ・ミゼラブルの原作ってすごいんですよね。
ジャンバルジャンに燭台をくれた神父さんのお話だけで
1冊分余裕で描かれてるって聞いたことがあります。
ミュージカルのレ・ミゼラブルが有名になったのは
ウエスト・エンドバージョンですもんね。
英語のわかりやすさも、一役買ってると思いますし。
でもなんだか、あの服装であの雰囲気で
英語が聞こえるのが違和感だったってだけなんです。
フランス語の歌詞の方が深いっていうのは聞きましたが、
私には意味がわからないので、
本当に響きだけ楽しんでるって感じです。
by 砂糖子 (2013-10-26 22:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0