So-net無料ブログ作成

曹様イノチ その4 [アンティークドリーミング ボルドーVer.]

DSC08058.jpg
ボルドーさんが扮したのは、宛城の戦いで出てきた女のひと。
名前覚えてないです。たぶん、名前ついていたと思うんですけど。
なんかちょっとニンフォマニアみたいなひと。
このひとに夢中になっていて、曹操は息子と親衛隊長を死なせてしまうのでした。
(で、04SSccさんの丁夫人が怒って出て行っちゃうんですね)
momokoの中では、右向きさんが一番イメージが近いかな、と。
このひと自体はたぶんちっとも悪くないんですけど、
曹昂(曹操の息子)にばっさりとやられてしまいました。

DSC08048.jpg
宛城の戦いの敵の軍師が賈詡という人物なのですが、
初めて三国志についてざっと知ったとき、すごい人だなーって思ったのが賈詡。
最初は、董卓の軍師だったんですが、
董卓ってものすごい暴君ってイメージがあるじゃないですか。
軍師も生き残るの大変だったと思うのですが、生き残ります。
董卓の死後も殺されることなく、今度は張繍という人の軍師になります。
で、曹操と戦って、曹操の息子と親衛隊長を死なせます。
なのに、2年後、張繍と一緒に曹操の配下になるんです。
ただ降伏するだけでなく、その後、曹操の軍師としてちゃんと活躍して、
曹操の死後も、政権争いに巻き込まれることなく、天寿を全うしちゃいます。
いつどこで死んだり、殺されたりしてもおかしくなかったと思うんですけど。

DSC08060.jpg
「蒼天航路」の賈詡はお茶目なうぬぼれやさんです。
曹操に振り回されている姿がとてもかわいいです(笑)。
「蒼天航路」の賈詡はともかく、賈詡の一生ってすごいなーとしみじみ思うのでした。

DSC08050.jpg
そして、もうすでに「その4」まで来てしまいましたが、
まだ続きます。愛はつきないなぁー。
っていっても、曹操については好きすぎてあまり書くこともないんですよね。
すてき、カッコいい、頭いい、カンペキ。
とか、いくら書いても、何も伝えられません(笑)。

※そういえば、2回目ちらっと見ました。
「アモーレアモーレ」言い過ぎ?
ただのバカップル(古)に見えなかったかと不安です><
そして次はもう北門行きますか…。
こんなにはしょるなら、いっそいつもの三国志のように、
「桃園の誓い」から始めていただければって気持ちでいっぱいです。