So-net無料ブログ作成

高山病 [南米旅行(ペルー&ボリビア)]

DSC04092.jpg
南米旅行で避けて通れない高山病。
なにしろ、アンデスですから。高地ですから。
写真は、クスコ(高地)からリマ(平地)へ飛行機で移動したときの
ペットボトルの様子。
みごとにへこんでます。高地はホントーに空気薄いです。
(お湯が沸騰しても100度にならないとか、いろいろ変化があります)
そして、けっこうな割合で高山病にはかかってしまいます。
私もかかりました。
頭痛と吐き気、あとなんかだるだるでしんどいって感じ。
普通、体調悪いときは寝れば治るじゃないですか。
でも、高山病の場合は寝ちゃいけないんです。
呼吸が浅くなってしまって、ますます悪化してしまうから。
コカ茶とかアメとかが予防にいいらしいですけど、
そんなに効果あったかなぁという感じがします。
対処療法としては、頭痛にはアスピリンがありますけど、
対処療法は対処療法でしかないですからね…。
酸素吸入もいいらしく、
クスコではホテルで酸素吸入をしている人を見かけましたが、
私はしなかったので、効果はよくわかりません。
でも! やっぱ高地には高山病のいい薬があったんですよー。

DSC02195.jpg
それが、この薬。
薬の名前は忘れましたけど、この写真見せれば買えると思います。
血管を拡張させてくれる薬で、
寝る前を基本に、8時間ごとに1カプセルのみます。
私はこれを妹に教えてもらってラパス(ボリビア)の薬局で買って、
それ以降は高山病の苦しみとはおさらばでした☆
血管を拡張させるっていうのがちょっとコワイ感じもするので、
心配な方はやめておいた方がいいかもしれません。
でも、予防もしてくれるので、
健康な方で高山病が心配な場合は、
ぜひ高地に乗り込む前にこれをどーぞ!

パッケージとワンダの写真を撮った記憶があるんですけど、
見つかりませんでした。
高山病の薬らしく、高い山をあしらったパッケージでした。
見つけたら、追加しておきます。
nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行