So-net無料ブログ作成

葉桜の季節に君を想うということ [Wake-Up momoko DOLL 001]

DSC08281.jpg
葉桜の季節ってもう終わってますよね…。
今年は桜は確かに見たのですが、葉桜を見た記憶がありません。
追い詰められてたんだなぁ(笑)。
タイトルは、歌野晶午氏の小説から。
今日、久々に読み返したら、思いっきり忘れていたので、
再度どんでん返し(?)を楽しめました(笑)。
読み終えてからしみじみ「そうだ、1回目もすっかりやられたんだった」
ってことを思い出しました。
こういう、微妙な長さのタイトルってよいですねー。
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」とか
「ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかの殺人事件」とか
小説じゃないけど
「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」とか。
あれ、どんどん長くなってる(笑)。

DSC08285.jpg
それにしてもかわいいストレートさん。
この素直なかわいらしさは、本当に一等賞をあげたくなります。


葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)

  • 作者: 歌野 晶午
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 文庫